能町駅の国鉄廃コンテナ

氷見線の能町駅には国鉄時代の廃コンテナがあります。おそらく倉庫か何かとして使われているのだとは思います。かつてよく見かけたC20と、7000形コンテナです。

屋外ではありますが、屋根の下なので保存状態はそこそこよいかもしれません。写真の通り近くから眺めることしかできませんが。

コメントは受け付けていません。