EF510-504甲種輸送

4月27日に EF510-504 の甲種輸送が川崎重工から田端運転所まで実施されました。JR東日本向け EF510 500 番台の甲種も4回目。ようやく撮影に訪れることができました。川崎重工ではすでに 506 号機まで着手されているとか。

EF510 の甲種スジは横浜羽沢や新鶴見信で停車があるので、追いかけしての撮影も可能ですが、とりあえず大船駅で 8860レ を撮影。大船駅では駅前が工事中のため背景が雑然としてしまいますね。

EF651076+EF510-501 8860レ 甲49

牽引機は EF65 1076 でした。

EF651076+EF510-501 8860レ 甲49

コンデジの動画機能でムービーも録りましたがイマイチです。

撮影後、鶴見へ移動。開かずの踏切として有名な総持寺踏切へ向かいます。ここの踏切はあまりにも長時間閉まったままになるため、歩行者用の歩道橋があり、その階段の踊り場から貨物を狙えるところでした。ところが、歩道橋の階段が新しくなっており、撮影できなくなっていました。

そのため、踏切の脇から撮影。連写して辛くも障害物をクリアしました。同業者も数名いましたが、通過直前に保育園の子どもが多数見学に来ました。もしや甲種と分かって来ていたのでしょうか……。

EF651076+EF510-501 8860レ 甲49

この後は新鶴見信で停車するので追いかけても良かったのですが、石炭輸送列車の撮影のため鶴見線方面へ向かうことにしました。しかし、残念ながら石炭輸送列車はDE10単機のみ、雨も降り出したので撤収しました。


EF510-500番台


7/31 まで予約受付中。

コメントは受け付けていません。