Rail Magazine 7月号 貨物列車2010

Rail Magazine (レイル・マガジン) 2010年 07月号

発売中のRail Magazine (レイル・マガジン) 2010年 07月号は、毎年恒例の貨物列車特集。表紙は岡見貨物を牽引するDD51重連の雄姿です。

平成22年3月のダイヤ改正による新しいJR貨物の輸送サービスについて解説されているほか、JR貨物パーフェクトガイドとして、電気機関車、ディーゼル機関車、電車を取り上げています。パーフェクトと言う割には貨車の解説がないのはどういうことかと首をかしげたくなりますが……。

他には「話題の貨物列車」として、6789レ(紙ワム)や5388レ(安中貨物)、5583レ(岡見貨物)などを紹介しています。

特集の最後になる「コンテナ列車世代に贈る……貨物列車の手引き」という記事が面白かったです。最近はコンテナ輸送ばかりなので、最近貨物列車を撮り始めた人は国鉄時代の有蓋車、無蓋車などの荷の取り扱いを知らない人もあるかもしれませんが、この記事では昔の貨物列車ならではの光景を解説しています。トラ90000のチップ積み卸しの写真は初めて見ましたがとても興味深いですね。

お値段は通常より高くなって1,500円となっていますが、これは付録としてJR貨物の専用貨物運転時刻表、高速貨物運転時刻表、機関車全運用表、貨物列車厳選撮影地ガイドか収録された小冊子が付いているためです。個人的には二塚を紹介するのは避けて欲しかったですが……。

昨年までは運用表だけでしたが、これだけでも貨物時刻表のものより見やすいのですが、今年はさらにパワーアップしていますね。(もちろん路線別の時刻などをしらべるのには貨物時刻表が向いていますので、二冊とも必携でしょう。)

貨物列車ファンなら今月号は確実に入手したいですね。

コメントは受け付けていません。