安中貨物にタキ1200登場

とれいんのページによると、5月11日に東邦亜鉛の新型亜鉛焼鉱タンク車の甲種輸送があるようです。

形式はタキ1200となっており、1両のみの輸送です。安中貨物といえば唯一残る亜鉛鉱石の輸送で、専用貨車による輸送自体が貴重となっている昨今でも首都圏を撮影可能な時間帯に通過するので有名です。

現在はトキ25000とタキ15600が輸送に用いられています。新型貨車はタキ15600を置き換えるものか増備かはわかりません。おそらく前者だと思います。今回1両のみというのは試作車的な意味合いがあるのではないでしょうか。

タキ15610

今後のタキ1200の増備計画や、タキ15600の置き換えなどが不明ですが、運用に入れば EF81 とタキ1200の組み合わせは貴重なものになるかもしれません。また EF510 が安中貨物運用に入れば、タキ15600 との組み合わせも貴重となりそうです。目が離せませんね。

コメントは受け付けていません。