神奈川新聞社が貨物線を走行する貸切列車を183系で運行

ヨコハマ経済新聞のニュースから。神奈川新聞社が11月20日に、183系の貸切列車「神奈川新聞社創業120周年 カナロコ列車」を運行するそうです。

今回の企画は、「貨物列車に乗りたい」「普段は通らないルートに列車を走らせてみたい」という社員のアイデアを形にしたもの。同社が運営するインターネット上のコミュニティーサイト「カナロコ」内の鉄道好きが運営するサイト「カナロコ鉄道ノート」の話し合いの場で生まれた。

ルートは、JR線桜木町駅を出発後、高島貨物線~東海道貨物支線~南武支線~東海道貨物線を通り、根府川駅(小田原市)まで。同駅で折り返し、再び貨物線を通り桜木町駅に帰着する。所要時間は5時間以上(途中駅での乗降は不可)。

 集合場所は9時45分に「桜木町駅」、15時30分頃「関内駅」で解散する予定。参加費は9,500円(運賃、弁当、飲み物、乗車記念プレート、乗車記念証など含む)。

武蔵野貨物線を走る183系の回送

桜木町からいきなり高島貨物線というのも面白いですね。トンネルが多いですが普段とは異なる車窓からの眺めが楽しめそうです。距離的には短いですが所要時間が5時間というのはどうなのでしょうか。

コメントは受け付けていません。