焼島の紙ワム輸送が終了

10月4日をもって焼島の紀州製紙からの紙ワム輸送がすべてコンテナ化されました。

DE101687 とワム80000

これで新潟県で100年以上続いた専用貨車の歴史に幕が閉じました。日本海縦貫線からも定期の専貨輸送が消滅してしまいました。

青いワム80000を連ねる姿も、2軸貨車の独特な走行音も、もう聞くことができません。

EF81148 の牽引する紙ワム列車 5789レ

検査期限の残るワム車は今後、東海道方面に残る紙輸送用に転出されるでしょう。

コメントは受け付けていません。