松山駅立体交差事業で貨物駅が移転の方針

日経新聞より

愛媛県はJR松山駅周辺連続立体交差事業の実施に伴い、JRの車両基地・貨物駅の代替用地を同県の松前町と伊予市にまたがる地域に取得する。取得面積は2万5000平方メートルで、取得価格は5億2880万円。地方自治法に基づく財産取得議案を9日開会の県議会に提出する。

沼津では貨物駅の移転で地元住民の反対などもあり揉めていますが、こちらはすんなりといくでしょうか?

コメントは受け付けていません。