読売新聞関西版にDE50の記事が掲載

読売新聞にたった1両悲運の機関車という題で DE50 に関する記事が掲載されています。

読売新聞関西版DE501

1970年に誕生した旧国鉄のディーゼル機関車「DE50形」は、V型16気筒で2000馬力のエンジンをうならせ、国内最強の新鋭機として君臨するはずだった。だが、石油ショックや国鉄の経営悪化で量産計画は頓挫。たった1両で製造が打ち切られた悲運の機関車だ。

1両しか製造されなかったディーゼル機関車「DE50型」 広い空間を持つ運転席  全長15・9メートル、重量70トンで、急坂の多い幹線の貨物用に開発され、中央線などで試運転を続けた。伯備線で運用中に故障したが、1両だけという特異な存在から、修理されないまま86年に廃車となった。

 2001年、岡山駅構内で雨ざらしの姿を見かねた地元の鉄道ファンが車体を塗り直し、02年からは津山駅の車庫で保管。自力では走れず、今では車体で野鳥が巣作りをしている。

DE50 1はいまではきれいな姿ですが雨ざらしだったこともあったのですね。津山にもキハ52などの仲間が増えましたので、これからもずっと元気な姿を見せて欲しいですね。

コメントは受け付けていません。