深川駅で貨物列車と除雪車の接触事故

北海道のJR深川駅構内で除雪中の車両と貨物列車が接触事故を起こしたそうです。北海道新聞より。

19日午前2時20分ごろ、深川市1の9のJR函館線深川駅構内で、走行中の札幌貨物ターミナル発北旭川行きの貨物列車(17両編成)と、隣の線路上で作業中の排雪車が接触した。けが人はなかった。

JR北海道によると事故現場は駅中央から約700メートルの地点。排雪車は雪を線路上から取り除くため、左右に広がる「ウイング(羽根)」と呼ばれる装置を取り付けていたが、その一部が隣の線路を同方向に走行してきた貨物列車の先頭の機関車に接触した。事故当時の速度は排雪車が時速約5キロ、貨物列車が時速約60キロだった。

けが人が無くて何よりでしたね。

コメントは受け付けていません。