横川のEF63が整備のため高崎へ移送

EF63 の甲種輸送が計画され、話題となっていましたが、詳しい内容が東京新聞に掲載されました。

東京新聞:電気機関車、来園者乗せ11年 修理で移送 ロクサン 再び鉄路へ:群馬(TOKYO Web)

急勾配の碓氷峠で「峠のシェルパ」と呼ばれ、現在は安中市の鉄道テーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」で運転体験できる「EF63形電気機関車(通称ロクサン)」四両のうち二両が、JR貨物関東支社高崎機関区(高崎市)で修理される。運転体験開始から十一年がたち劣化が進んだためで、移送する今月中にもJR横川-高崎駅間で再び鉄路に姿を見せる。

(中略)高崎機関区まではけん引し移送する。同文化むらに動態保存されている四両のうち11、12号機は移送に耐えると判断され、一両ずつ移送し、約三週間かけ修理する。移送日については同支社、同文化むらとも「警備上、公表しない」。

本線上の復活運転にはまだ遠い状態ですが、すくなくとも文化むらでの体験運転の継続に安中市が力を入れていることが分かっただけでもありがたいものです。

横川のEF63

コメントは受け付けていません。