神戸電鉄「701号」が引退の記事が神戸新聞に掲載

神戸新聞の記事に、電気機関車701号引退が報じられています。

神戸電鉄で約60年にわたって線路工事などに活躍した電気機関車「700形701号」が引退した。老朽化で車両の保守が難しくなったためで、近く廃車される。「運転するのが面白かった」「とにかく頑丈」。鉄道ファンだけでなく、運転や整備を担当した社員らも別れを惜しんでいる。

701号は1949(昭和24)年4月、三菱重工で製造された。全長12・8メートル、重さ45トンのえび茶色。「電気機関車」を略した「デキ」の愛称で親しまれ、線路工事用の貨車や、砕石を線路にまく「ホッパー車」を引っ張った。新しい車両を車庫までけん引する役割も担った。

全線69・6キロの8割以上が勾配という神鉄の線路。急勾配で車両が故障しても止まるよう、台車の下に「電磁吸着ブレーキ」を備えている。非常ブレーキをかけると電磁石がレールにへばりつく仕組みで、今では珍しいという。

貴重な私鉄電機だけに引退は残念ですが、なかなか情報が少ないので、このような記事であっても報道されることはありがたいですね。

ちなみに神戸新聞により YouTube に映像が公開されています。こちらもぜひご覧ください。

YouTube - 神戸電鉄700形701号YouTube – 神戸電鉄700形701号

コメントは受け付けていません。