JX日鉱日石エネルギーが室蘭製油所閉鎖を検討

日本経済新聞の記事によると、JX日鉱日石エネルギーが、動車の室蘭製油所の閉鎖を検討しているとのこと。

同社はガソリンなどの内需減に対応し、2013年度までに石油精製能力を3割削減する方針を打ち出している。昨年10月までに約2割にあたる日量40万バレルを削減済み。室蘭製油所が閉鎖されると道内の製油所は、出光興産の北海道製油所(北海道苫小牧市、精製能力日量14万バレル)の1カ所だけになる。

室蘭製油所の精製能力は日量18万バレルで、全国に8カ所あるグループの製油所のなかで4番目の規模。同社は「現時点で決まったことはない。引き続き能力削減を検討している」としているが、今後、室蘭の閉鎖を軸に調整を進める。

室蘭本線の本輪西駅から専用線でつながっている同社工場からは、札幌貨物ターミナル駅、帯広貨物駅、北旭川駅に向けて石油製品の鉄道輸送が行なわれています。

室蘭製油所が閉鎖されると、道内の鉄道による石油輸送は廃止となるでしょうか。かなりの長距離輸送のため、内陸部については鉄道以外の選択肢は考えにくいですが。

東燃・コスモも製油所削減必至と言われていますが、JXでも抜本的な改革を迫られそうですね。石油の車扱い輸送も安泰ではありません。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。