浜川崎・東亜石油からの石油出荷が終了

本日2011年9月30日をもって、浜川崎の東亜石油専用線からの石油出荷が終了となりました。

本日の入78にて「さよならセレモニー」が行なわれ、入換え仕業のDE10にヘッドマークが掲示されたとのことです。今回は見に行くことはできませんでした。

浜川崎の東亜石油専用線からの出荷風景

浜川崎の東亜石油専用線からの出荷風景 (2011年4月18日撮影)

東亜石油の扇町工場では12万バーレル/日の石油精製能力がありました。

東亜石油専用線は昭和駅の近くにありますが、浜川崎駅の構内扱いで、DE10 の牽引する列車も実は入換え仕業という形で運転されていました。

鉄道貨物は縮小の一途ですが、まさか浜川崎のヤードからの石油出荷がなくなる日が来るとは思いませんでした。

浜川崎駅ホームからからの入換え風景

浜川崎駅ホームからからの入換え風景(2010年3月15日撮影)

浜川崎のホームからは入換え風景や発着する貨物列車の姿を見ることができ、私も小学生時代からたまに訪れていただけに残念な気持ちでいっぱいです。

今後の鶴見線界隈の貨物列車は、扇町からの石炭と安善からのジェット燃料(米タン)、および新芝浦の特大輸送のみとなり、寂しくなりますね。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。