「岡見貨物」が10月17日から運行再開へ

昨年7月に豪雨で橋梁や道床が流失して全線不通となったJR美祢線が今月26日より運行再開となります。

厚狭駅に到着する岡見貨物

この美祢線を走る「岡見貨物」と呼ばれる炭酸カルシウム・フライアッシュの輸送列車も運転を休止していましたが、10月17日より運行再開されることとなりました。

 美祢、山陽、山口、山陰線を経由する約165キロの行程。伊佐セメント工場は美祢駅、三隅発電所は岡見駅とそれぞれ引き込み線で連絡。運休前は週5日、貨車各11両の2編成が美祢、岡見をそれぞれ夕方に出発し、翌朝に到着する1日1往復だった。

(中略)

 美祢線の不通で輸送はストップ。昨年12月からはトラックで運んでいたが、炭酸カルシウムで約1400トン、フライアッシュで約4300トンに上った1カ月の輸送量は各千トンに落ち込んでいた。

DD51 がタキ1100を連ねて山中を走る雄姿が再び見られることになりそうです。

コメントは受け付けていません。