Archive for 10月, 2011

伏木の列車解体工場は2012年8月稼動

伏木駅構内から日本製紙専用線方面

日本製紙伏木工場の跡地にできる列車解体工場は、来年8月から稼動することが報じられました。 北國・富山新聞によると、今年11月より列車解体事業を手掛ける工場の建設に着手するとのことです。 豊富産業グループ(滑川市)の日本車 […]

震災ガレキの鉄道輸送で専用コンテナを製作

すでにJR貨物、震災がれきをコンテナ輸送という記事でお伝えしましたが、今月下旬から JRF が岩手県宮古市の震災ガレキを鉄道コンテナで輸送します。 これに関して、日刊工業新聞の記事によると、専用のコンテナを製造するとのこ […]

JR貨物 運休、半年で前年度超す、輸送障害が年々増加

物流ニッポン新聞社の記事より。 鉄道コンテナによる長距離・大量輸送が大ピンチ——。日本貨物鉄道(JR貨物)が26日現在でまとめた台風15号の被害状況によると、東海道本線、東北本線を中心に列車運休が相次いでいる。今年度は東 […]

沼津駅高架化 完成は平成30年代半ば

静岡新聞の記事によると、膠着して進展のなかった沼津駅の高架化事業で、完成目標が示されたようです。 地権者らの反対で貨物駅移転問題が焦点となっているJR沼津駅周辺鉄道高架事業について、森山誠二県交通基盤部長は28日の県議会 […]

HD300型 USBメモリ発売

HD300型のUSBメモリ

JR貨物が HD300型の USB メモリを限定販売しています。 商品名は「HD300形式 ハイブリッド入換機関車型USB」(4GB)で、愛称を「ハイブリッドUSB」としています。 3,000個限定で価格は2,000円( […]

JR貨物、震災がれきをコンテナ輸送

東日本大震災で発生した岩手県宮古市の瓦礫を、JR 貨物が10月下旬から東京までコンテナ貨物列車で輸送するとのこと。 JR貨物、震災がれきの輸送請け負う  :日本経済新聞 密封可能な10トン用のコンテナを活用。11月にかけ […]

ED75 1039 解体・撤去へ

東日本大震災で、常磐線を走行中に津波の被害を受けた ED75 1039 号機について、毎日新聞で現状が報じられています。 東日本大震災:残された機関車、包み込む「秋色」 宮城 – 毎日jp(毎日新聞) この記 […]

EF81 302 が貸し出しのため富山へ

EF81148 牽引により EF81302が次位無動力回送された

門司機関区所属の EF81 302 が、9月30日から10月1日にかけて富山まで次位無動で回送されました。日本海縦貫線の運用増の応援のためと思われます。 吹田から富山貨物までは 3091レで回送、牽引機は EF81 14 […]