JR貨物、震災がれきをコンテナ輸送

東日本大震災で発生した岩手県宮古市の瓦礫を、JR 貨物が10月下旬から東京までコンテナ貨物列車で輸送するとのこと。

JR貨物、震災がれきの輸送請け負う  :日本経済新聞

密封可能な10トン用のコンテナを活用。11月にかけて震災がれきを約1000トン輸送する。

 震災がれきはふたができるコンテナで密封して運ぶため、仮に放射性物質が含まれていても拡散の可能性はないという。

なお、放射性物質が基準値以下であり東京の値を下回っていることはすでに発表されています。

JR貨物では他の地区からのガレキ輸送も要望があれば引き受けるとしています。まだまだ貨物の役割は終わっていませんね。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

One Response to “JR貨物、震災がれきをコンテナ輸送”

  1. […] JR貨物、震災がれきをコンテナ輸送 (2011年10月14日) […]