岳南鉄道の貨物廃止が正式発表に

以前から取りざたされていた岳南鉄道の貨物輸送休止が正式に発表されました。急死となっていますが事実上の廃止といえるでしょう。

休止時期は2012年3月末とのことで、ダイヤ改正後も3月末までは運行される可能性はあります。(ダイヤ改正前に徐々に本数が減り、改正で完全に運行されなくなることも考えられます。)

ワム80000の入換え作業中のED403

岳南鉄道は比奈の日本大昭和板紙吉永工場より貨物を吉原駅まで輸送し、JR貨物に引き継いでいます。しかしJR貨物側から昨年、来春以降の廃止を通告され、その後の交渉でも進展がなかったとのことです。

貨物輸送は岳南鉄道の収入の輸収入の4分の1を占め、今回の廃止がニュースになったことで、岳南鉄道の存廃問題に発展しています。

近年、モーダルシフトを掲げながら、一方では不採算の貨物をトラック輸送に転換をはかるJR貨物の姿勢には違和感を覚えざるをえません。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。