沼津貨物駅移転問題で、吉原駅も検討と県知事発言

沼津駅高架化に関する貨物駅移転問題で、静岡県の川勝知事の発言が波紋を呼んでいます。

これは、原駅近くに貨物駅の移転ではなく、吉原駅の日本製紙工場跡地を利用しようというものだと考えられていますが、富士市や日本製紙側も寝耳に水のようです。

JR貨物としても沼津駅の機能を吉原まで移すとなるとかなりの距離があり、これで代替施設として機能するのかという疑問もあります。

用地の強制収容によるイメージダウンを避けるために、さらに話をややこしくする知事の行動は批判されて当然と思います。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。