羊蹄丸「青函ワールド」の展示品を八甲田丸に移設打診

船の科学館で展示されていた青函連絡船「羊蹄丸」。このたび愛媛県の施設に譲渡され、一定期間展示の後、リサイクル技術研究のために解体されることになったのは報じられているとおりです。

Web東奥・ニュースによると、このたび「羊蹄丸」内の展示室「青函ワールド」の展示物を譲渡先団体から譲り受けられないか、青森市が検討を進めているとのことです。

東京・お台場の「船の科学館」で9月末まで公開された後、愛媛県の団体に譲渡が決まった「羊蹄丸」内の展示室「青函ワールド」の展示物を譲渡先団体から譲り受けられないか、(中略)市は青森港に係留中の「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」への移設を目指す方針。

羊蹄丸の青函ワールドに展示されていたDE10ディーゼル機関車

青函ワールドには DE10 と旧型客車も展示されていましたので、先行きは不透明としながらもこれらの車両が保存される可能性も出てきました。期待したいですね。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。