JR貨物が沼津貨物駅の富士地区移転を否定

沼津駅周辺の鉄道高架化事業に伴う沼津貨物駅の移転問題について、川勝静岡県知事が富士地区の製紙工場用地への移転の可能性に言及しましたが、JR貨物の小林社長は定例会見でこれを否定しました。

静岡新聞の記事によると、

「今(の貨物駅)のまま営業を続けるか、これまで検討されてきた(沼津市)原地区に移転するかで、それ以外はあり得ない」と述べ、富士市内への移転の可能性を強く否定した。

とのことです。当然の反応と思います。

「富士市うんぬんということを含め、知事から具体性のある提案はいただいていない」と述べた。

とありますので、また事前協議や根回しもなく、静岡県知事の迷走発言のようですね。

残念ながらこの知事の任期中は沼津貨物駅の問題は進展しないでしょう。

コメントは受け付けていません。