福島臨海鉄道が運行再開

福島臨海鉄道が 11か月ぶりに全線で運転再開しました。 YOMIURI ONLINEより。

 福島県いわき市内で貨物を輸送する福島臨海鉄道は1日、東日本大震災の津波で被害を受け、不通となっていた宮下駅―小名浜駅間で営業運転を始め、約11か月ぶりに全線での運転を再開した。 

同鉄道は、JR常磐線泉駅と小名浜駅を結ぶ5・4キロで、化学製品などを輸送している。震災で、小名浜港に近い小名浜駅が津波にのまれ、線路やディーゼル機関車、車両整備工場などが被災した。昨年5月30日に泉―宮下間は運転を再開したが、宮下―小名浜間は復旧工事が難航していた。

再開に当たっては DD552 にヘッドマークと再開を祝う幕がかけられていました。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。