JR東日本のEF510 2両がJR貨物へ

JR貨物の労組の資料より、来年度に EF510 2両が JR東日本から JR貨物に売却されることが明らかになりました。配属先は富山機関区となります。

2009年頃までは機関車の新製件数は20数両のペースで進んでいましたが、2010年以降は導入ペースが落ちており、予定も公表されない状態となっていました。

JR東日本で使用されている EF510 500番台は2009年より一挙に15両が投入され、カシオペア・北斗星の牽引の他、首都圏・常磐地区の貨物列車牽引にあたっています。

東日本大震災で常磐線経由の貨物の一部が日本海縦貫線経由に振り返られることになりましたので、その分の輸送余力を見込んでの売却とおもわれます。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。