RMライブラリー第151巻『無蓋ホッパ車のすべて(上)』

RMライブラリーの第151巻が登場します。『無蓋ホッパ車のすべて(上)

RMライブラリー第151巻『無蓋ホッパ車のすべて(上)』

日本の専用貨車の中でも無蓋ホッパ車に的を絞って紹介するもので、そのルーツである側開き式・底開き式の石炭車についても合わせて紹介する内容となっています。

上巻では、現在も運用されているホキ9500をはじめ、鶴見線内のみで運用された焼結鉱専用のホキ5300、試作のみに終わったホキ2000、クム5000の台車を流用して製作された石炭車セキ8000まで、ホッパ車14形式、石炭車7形式を収録しています。

執筆は私有貨車図鑑で有名な吉岡心平氏。RMライブラリーでは第140巻『有蓋ホッパ車のすべて(上)』と141巻『有蓋ホッパ車のすべて(下)』がすでに刊行されており、続く第152巻と合わせて日本のホッパ車を網羅する内容となるようです。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。