万葉線が除雪用機関車を新製

少し貨物列車とは話題が逸れますが、私鉄の機関車ということで。KNB NEWS 万葉線に新しい除雪車を導入より。

富山県の高岡市と射水市を走る路面電車「万葉線」が、除雪用に新たな車両を導入しました。

これまでは古い路面電車のデ5022にスノープロウを付けて除雪用として使用していましたが、老朽化により取り替えられることになりました。

万葉線が導入した新型の除雪車

KNB NEWS の記事によると、新たに導入された除雪車両は、主に六渡寺駅から越ノ潟駅の区間で活躍する予定だと とのことで主に軌道区間ではなく鉄道区間の除雪に当たるようです。

車番には6000という数字が割り当てられていますが、車籍を有するのか機械扱いなのかはわかりません。製造したのは新潟トランシスで、霜取り用のパンタグラフはあるようですが、EL なのか DL なのかは不明です。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントは受け付けていません。